株式会社 酒井商会

取り扱い商品

この製品は業務用です。申し訳ありませんが、個人の方への販売は出来ません。

ハイプレン弾性フォーム

ハイプレン弾性フォーム
ハイプレン弾性フォーム

ハイプレンの可能性を広げた弾性フォーム

  1. 従来の現場発泡ウレタンフォームの常識をはるかに超えた弾性フォーム。弾力性が維持するため、気密性能がいつでも維持できます。
  2. 従来の一液型発泡ポリウレタンフォームにはない追従性・柔軟性気密性及び作業性が大幅に改善。
  3. 構造体の動き(木材の収縮等)に追従するので、発泡フォームが接着面から剥離したり破壊することがなく断熱、気密効果が一段と向上します。
  4. 窓枠とサッシの隙間も柔軟に埋め、径時による変形に追従するので、窓枠の下地やサッシを傷めることもありません。
  5. 壁面においても垂れが無く保持性にも優れています。
  6. 木の構造物に対してスチールやアルミ、塩ビ、コンクリート、各種断熱材など材質が異なる面材を使用する場合にも強力な接着力を発揮します。
ハイプレン弾性フォームの特徴

◆気密シール材

◆床・壁材接着・固定材

◆線膨張の異なる箇所の隙間充填

◆窓枠サッシ周り隙間充填

・住宅の気密シール材として最適です。
・493mL缶1本で約13Lのフォームとなります。

ハイプレン弾性フォーム使用上のご注意
  • ご使用時には必ず保護メガネ・マスク・ヘルメット及びビニール手袋を着用してください。
  • 缶を落とさないでください。破裂する恐れがあります。取り扱いには十分注意してください。
  • その他取扱説明書をよくお読みの上、ご使用ください。
ハイプレン弾性フォームの収量
製 品 名内容量入数発泡体積 
 1.ハイプレンフォーム弾性フォーム493mL12缶/箱13L/缶JAIA-008832 F☆☆☆☆
ハイプレン弾性フォームの使用用途
ハイプレン弾性フォームの使用用途1 土台の気密施工
土台の気密施工
ハイプレン弾性フォームの使用用途2 断熱材と天井部分との気密・断熱補強
断熱材と天井部分の気密・断熱補強
ハイプレン弾性フォームの使用用途3 バルコニー断熱部の断熱・気密補強
バルコニー断熱部の断熱・気密構造
ハイプレン弾性フォームの使用用途4 開口部の断熱気密補強
開口部の断熱・気密補強
ハイプレン弾性フォームの使用用途5 壁面隅部ので断熱・気密補強
壁面隅部の断熱・気密補強
ハイプレン弾性フォーム物性表
ハイプレン弾性フォームの物性表

お見積もりのご依頼

商品名 内容量 発泡体積 荷姿 数量
ハイプレンフォーム弾性フォーム 493mL 13L/缶 12缶/箱