株式会社 酒井商会

取り扱い商品

ネオマフォームDH 打込み・断熱補強

ネオマフォームDHはTC界壁の打ち込み用断熱補強専用品。住宅性能表示制度(等級4)で必要とされる熱抵抗値を厚さ12mmでクリアできる断熱補強の決定版です。

ネオマフォームDH 製品図
ネオマフォームDH 断面図
ネオマフォームDH 断面図

上記は、厚さ12mmの製品外観です。21DH91と25DH91の片面には製品ロゴが印刷されています。

ネオマフォームDH 製品規格

断熱材塗布剤
ネオマフォーム40K
JIS A 9521フェノールフォーム断熱材1種2号CⅡ
JIS A 9511A種フェノールフォーム保温板1種2号
両面特殊樹脂

◆製品規格(受注生産品)

品番厚さ(mm)幅×長さ(mm)熱抵抗※1 [(m²・K)/W]
12DH4512455 × 18200.6
12DH49 ※2455 × 2730
12DH60600 × 1820
12DH69 ※2600 × 2730
12DH91910 × 1820
21DH91211.1
25DH91251.3

※1 熱抵抗はネオマフォームの断熱性をDHの性能としています。
※2 12DH49(12×455×2730)・12DH69(12×600×2730)の2品種は、関東甲信越・東北地区限定品種です。

◆ホルムアルデヒドの放散について

 

ネオマフォームDHは、以下の材料で構成されていますので、内装の露出の有無に関わらず使用面積の制限なくお使いいただけます。

 

断熱材規格

JIS A 9521フェノールフォーム断熱材1種2号CⅡ F☆☆☆☆

JIS A 9511 A種フェノールフォーム保温板1種2号 F☆☆☆☆ S

表面塗材非ホルムアルデヒド系樹脂

ネオマフォームDH 結露の防止

内断熱されたRC躯体の熱橋部では、冬期に表面温度が低下し、結露を発生させる原因となります。

 

断熱補強を行うことで、RC躯体の表面温度が上がり、結露を効果的に防止できます。
下記は躯体温度分布シミュレーションの結果です。

断熱補強のない例

ネオマフォームDH 躯体温度分布シミュレーション(平面図) 断熱補強のない例

断熱補強のある例

<躯体温度分布シミュレーション(平面図)>

ネオマフォームDHの特徴

従来の断熱補強

パターンA
(ウレタン吹付け工法)

ネオマフォームDHの特徴 従来の断熱補強パターンA

室内側に段差が生じ、納まりが悪くなる

パターンB
(PB付き断熱材後張り工法)

ネオマフォームDHの特徴 従来の断熱補強パターンB

室内側に段差が生じ、納まりが悪くなる。躯体との間に隙間が生じやすい。

パターンC
(一般断熱材打込み工法)

増打ちコンクリートが厚く、建物の重量がUP。

ネオマフォームDHによる断熱補強

ネオマフォームDHの特徴 ネオマフォームDHによる断熱補強
  1. 必要部分へ打ち込むことで、段差なく施工できます
  2. 最高レベルの断熱性能で、増打ちコンクリートの厚さを薄く(12mm)できます。
  3. 厚さ12mmなので居室を広く利用できます

型枠脱型時

ネオマフォームDH 用途1 型枠脱型時

モルタル仕上げ終了時

ネオマフォームDH 用途1 型枠脱型時

お見積もりのご依頼

ネオマフォームDH(受注生産品)
品番 厚さ(mm) 幅×長さ(mm) 熱抵抗 [(m²・K)/W] 数量
12DH45 12 455×1,820 0.6
12DH49 12 455×2,730 0.6
12DH60 12 600×1,820 0.6
12DH69 12 600×2,730 0.6
12DH91 12 910×1,820 0.6
21DH91 21 910×1,820 1.1
25DH91 25 910×1,820 1.3