株式会社 酒井商会

取り扱い商品

弊社の取り扱いは「近畿エリアのみ」となります。

スタイロフォームAT

シロアリ被害から大切な住まいを守る、防蟻機能を備えた住宅用断熱材「スタイロフォームAT」
スタイロフォームAT 特徴

シロアリ防除性能はもちろん、基礎断熱、外張断熱工法は、様々な効果が期待できるバランスのとれた工法です。

 

大切な住まいを蝕む「シロアリ」は見えないところで致命傷を与えてしまいます。そんなシロアリの被害から守るために開発された、シロアリ防除機能を持つスタイロフォームAT(押出発泡ポリスチレン断熱材)を使用した次世代省エネルギー対応の外張断熱工法は家全体を断熱材で覆う工法なのでさまざまな効果が期待できます。

外張断熱工法のメリット

基礎の耐久性維持

シロアリは、ほとんど地下から床下を通って建物に侵入するので、基礎外側断熱にするとシロアリの蟻道になることがありました。スタイロフォームATを使用することで、これを防止できるので、温暖地でも安心して基礎外側断熱が可能となりました。

スタイロフォームAT 外張り断熱工法のメリット

基礎断熱工法について

1.熱橋の低減

基礎から土台や柱に緊結されるアンカーボルトやホールダウン金物が床断熱や基礎内側断熱では熱橋となってしまいましたが、スタイロフォームATで基礎外側断熱とすることで、基礎が室温近くなるので、熱橋となりません。

スタイロフォームAT 基礎断熱工法1

2. 床下空間の活用

スタイロフォームATを使うことによって床断熱ではほとんど利用できなかった床下空間が活用できます。

スタイロフォームAT 基礎断熱工法2

3.断熱気密作業が比較的容易に行えます。

スタイロフォームAT 外装納まり施工例
スタイロフォームAT 浴室での使用例

スタイロフォームATの特徴

1.防蟻性能に優れている

スタイロフォームATは、スタイロフォームに特殊な防蟻剤を混入し、断熱材自体にシロアリの食害を防ぐ効能を持たせています。これにより断熱材がシロアリの蟻道やコロニーになったりする可能性がほとんどありません。また、薬剤の現場塗布や土壌改良に比べ、薬剤を吸水性の低い断熱材に混入していることで、薬剤の流出、拡散がほとんどありません。

2.断熱性能が変わらない

スタイロフォームATは、フェノールやウレタンフォームと異なりほとんど吸水しないため、断熱性能がほとんど変化しません。また混入している防蟻剤の揮発性は非常に低いので、薬効は半永久的です。これにより、防蟻性能と相俟って、基礎周りや土間部分など、、水分の多い部位に最適の断熱材です。

スタイロフォームAT製品図

3.環境に優しい

スタイロフォームATは、熱可塑性樹脂のポリスチレンを主原料としているため、フェノールやウレタンフォームと異なり、リサイクルが可能です。また、シックハウスの原因となり、発がん性物質の可能性が高いホルムアルデヒドを一切含みませんので、機密性の高い建築物にも安心してご利用いただけます。

4.施工性

スタイロフォームATは、通常のスタイロフォームと同様に丸ノコ、カッター、のこぎり等での加工が可能です。施工にあたっては、専用の接着剤をご使用ください。

スタイロフォームAT専用接着剤
防蟻断熱材専用接着剤 <AT-01>

5.吸水性が低い

スタイロフォームATは、吸水性も低く、それによる熱伝導率の上昇もほとんどありません。押出法ポリスチレンフォームは、独立気泡率が高いことと吸水性の低いポリスチレン樹脂を使用しているので、吸水性が低いことと、吸水した場合の熱伝導率の上昇も小さくなります。

スタイロフォームAT 含水率vs熱伝導率上昇率のグラフ

スタイロフォームATの規格

スタイロフォームATの標準サイズ(単位mm)
スタイロフォームAT
厚  み 25 30 40 50
910
長  さ 1820
入数/箱 12 10 8 6
※弊社からは近畿エリアのみ販売可能です。

スタイロフォームATの物性表(SI、MKS)

JIS規格JIS A 9511?
押出法ポリスチレンフォーム保温板
3種b
試験法
主な用途

高性能住宅用

 一般建築用
ノンフロン対応

項目単位単位スタイロフォームAT
熱伝導率
(20℃)
SIW/m・K0.0028以下JIS A 9511
MKSkacl/m・h・℃0.0024以下JIS A 9511
圧縮強さSIN/c㎡20以上JIS A 9511
MKSkgf/c㎡2.0以上JIS A 9511
曲げ強さSIN/c㎡25以上JIS A 9511
MKSkgf/c㎡2.5以上JIS A 9511
燃 焼 性

3秒以内に炎が消えて
残じんが残らないこと

合格JIS A 9511
透湿係数
(25mm厚)
SIng/㎡・s・Pa145以下JIS A 9511
MKSg/㎡・hmmHg0.07以下JIS A 9511
吸 水 量SIg/100c㎡0.01以下JIS A 9511
MKSg/100c㎡0.01以下JIS A 9511
加熱変形温度SI80Dow法
MKS80Dow法
比  熱SIKJ/kg・K1.1ASTM C 351
MKSkcal/kg・℃0.27ASTM C 351
酸素指数SI26以上JIS K 7201
MKS26以上JIS K 7201

* 物性値は、JIS、ASTMあるいはダウ法にもとづいた基準です。

* 透湿係数は25mm厚で算出しております。
* 酸素係数とは、材料を持続的に燃焼させるために必要な最低酸素濃度。26未満は消防法の取扱いにより指定可燃物となります。
* その他カタログ掲載の注意事項をよくお読みのうえ施工してください。

お見積もりのご依頼

※お見積もり・ご注文は1枚から承ります。

※弊社からは近畿エリアのみ販売可能です。

品 名 厚さ(mm) 幅×長さ(mm) 入数/箱 数量
スタイロフォームAT 25 910×1,820 12枚
30 10枚
40 8枚
50 6枚